▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

百貨店バイヤーさんの仕事に対する熱い姿勢とは?

2013年11月20日

昨日、今日と

高島屋の食品バイヤーさんとご一緒する機会を得ました。

 

昨日お会いした大阪、東京のバイヤーさんは

人間的にもしっかりとした方で、

百貨店のお客さんのことを一生懸命に考えている、そんな方々でした。

 

第一線でやってる方というのは、

俺が俺が!的な感じではなくて、本当に紳士ですよね。

 

高島屋さんの社風についてもいろいろと伺う機会もあって、

とてもいい伝統を先輩から後輩へ受け継いでいる、そんな印象でした。

 

私は2日間で多くのことを学ぶことができました。

感謝です。

 

今回ご一緒させていただいたのは

愛媛県の農商工連携の取り組みの一環で、

現地視察やセミナー、パネルトーク、個別相談などの非常に濃い時間でした。

 

「消費者が求める地域商品とはなにか?」という内容で

これからの時代をどう読んで、どんな商品を、どう見せて、どう売るか!?

という核心的テーマでした。

 

目のきく、舌の肥えた百貨店のお客さんにどう満足してもらうのか?

その舞台裏で必死で模索を重ねるバイヤーさんの姿から学べることはたくさんあります。

 

その内容を、これからすこしづつ書いてみたいと思います。

ひとまず今日はここまで。