▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

情報を小出しにされたら、辞める勇気。

2013年5月30日

クライアントさんでも、または外注先でも、
情報は正しく伝わらないと意味がありませんね。

こちらとしても情報が命なわけです。

情報には正確性や鮮度などもありますが、
初めてお取引する相手には情報を開示することが重要です。

たまに、情報を小出しにされる場合があります。
断片的にしか情報をくれないわけです。

聞かなければ答えないし、そこを指摘すると
「だってあなた、聞かなかったから答えなかったんですよ!」と
返される。

こういう場合は最悪ですね。
手数は増えるし、的を狙っても当たらなくなります。

結果的に、仕事しては十分なものにはなりません。
それに、お互いの信用関係も構築できないまま
気まずい関係がずっと続きます。

相性の問題もありますから、
これは無理だなと思ったら、即辞める勇気をもつことです。