▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

質が下がる時代

2009年7月30日

100年に一度の…という言葉を
何度聞いたことか。

未曾有の…なんてのは
すでに陳腐化している。

使うほうもきっと
そのへん承知で使っているんですけどね。

いまの状況は、不況じゃなくて
変化じゃないでしょうか。

そこで、ワクタル的に感じていること。

これからしばらくは
平均的に、質が低下する現象が起こると思ってます。

だれでも○○的な
カジュアルでファッショナブルな
専門家やプロフェッショナルが出てきて
いろんな価値観が溢れてくる。

倫理が通っているかどうかよりも
心が通うかどうかよりも
いまの生活や、利益のほうが大切、みたいな。

そして、選ぶ側にも
明確なフィルターが無くなってくる。

そんな中で
普遍的な芯を持ち続けることは
とっても大切なんじゃないかと思うんですね。

なぜ遠く離れたあのカメラマンに
仕事をお願いするのか?

ときにはミスもするし、お金も安くないあの専門家に
なぜわざわざ不便を承知でお願いするのか?

質の高いネットワークと繋がっていることが、
我々サービス業にとっても、
また、お客さんにとっても大切なことだと思います。

「だれと繋がっているのか」長音記号2

売り手側と買い手側のネットワークが
大切な時代になってます。

BtoBからBtoBtoCへ。
そしてこれからは、B&Cへ。