▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

増殖する年賀状…タカヨシ工業所さん。

2008年7月30日


昨日、タカヨシ工業所
さんという製造業の会社様から
ファックスをいただきました。

こちらの企業さんは、
ロゴなどのブランドイメージ統一の関連でお仕事いただいてます。

ファックスをいただいたあと、「日刊工業新聞に載ったよ~♪」とお電話。

アタクシ、タカヨシ工業所さんの、ことしの年賀状のデザインを
プレゼントさせていただいたのですが、それが好評で、
このたび日刊工業新聞に取り上げられたとのこと。

そのファックスをわざわざ送ってくださいました。
ありがとうございまーす!


同社の創業者である曽我部誉男さんは、82歳。
毎日現場に立って旋盤をまわしています。

それも活き活きとした、そしてどこか少年のような目で。

それを、現社長の曽我部善生さんのお嬢さんが撮影。
お嬢さんは写真部所属。プロ顔負けの腕前です。
愛情あふれる、モノクロームの写真です。

それを見せていただいたとたんに、「にっぽんはものづくりイズムの国だ!」と
ひらめきが…。
これはこのままにしておいてはもったいない!

そこで、そのコピーとともに年賀状を製作。
印刷物の受注はしていないのですが、ここは私がつくらなきゃ!

できあがった賀状は同社のお客さん、取引先に送られることに…
(賀状といっても、ある意味PRの視点でつくりました。)

それが松山刑務所さんの目にとまって、「ぜひ受刑者に見せたい」と。
早速、特大のパネルを製作、刑務所内にパネル展示されることになりました。

いや~、嬉しいですよねー!
曽我部さんはもちろんのこと、写真を撮った娘さんも喜んでいることでしょう~☆

このことを受けて、地元のものづくりの施設へのパネル展示も決まったもよう。

私:「社長、高速道路から見えるくらいの超でかいのを外壁に掲げましょうよ!」

社長:「ははは…(笑)…」

年賀状なんか意味ないと思ってませんか?
DMなんか反応ないと思ってませんか??

折込チラシは当たらないとか、
イメージ広告はやってもお金のムダだとか言ってません?

広告をしても意味がない業種だからとか言ってませんか?

もっとつっこみましょうか。

即効性のあるローリスク、ハイリターンを求めていませんか??
テクニックや知識に邪魔されて、本来の「仕事への想い」が見えなくなっていませんか!!

この製造業さんは、「製造業がおもしろい!」というTシャツをつくって着るくらい
熱い思い入れのある企業さんです。
そして、ユーモアのセンスがあります。
いつも、おもろいことやったろか!という目線です。

新居浜にも、「おべ工業」さんという強烈な会社さんがあります。
クールビズだ!といって、Tシャツをつくって社員さんが着ています。
世界最大の観覧車をつくっている企業さんには見えません(笑)
(その紹介は近日しますネ…)

PRは、小手先じゃないと思うんですよね。
写真も大事。コピーも大事。
見せ方も、タイミングも大事。

でも、いちばん大切なのは、
仕事に対する強い想いとユーモアじゃないでしょーか。

それがあれば、ワクワク系もあり、正攻法もあり。
(^_^)b